ホーム 製品案内 業界別納入事例 シュリンク包装講座 会社案内 採用情報 お問い合わせ
ホーム > シュリンク包装講座 > 日常のメンテナンス

日常のメンテナンス

シーラーのメンテナンス
熱板シールタイプ(ヒートシール)

1) シール部の清掃・点検

作業終了時にフイルムのカス等がヒートシール部に付着してないかどうか確認して下さい。付着していた場合はボロ布等で軽く拭き取ってください。

清掃後は付属品のグリス(KD-200等)を少量、軟らかい布につけてカッター刃に塗ってください。
カッター刃が消耗したり損傷しますと完全なシールが不可能になりますので、新しいカッター刃に交換してください。

2) テフロンテープの交換

テフロンテープが損傷してきたら交換してください。



ニクロム線タイプ

1) シール部の清掃・点検

作業終了時にフイルムのカス等がニクロム線に付着してないかどうか確認して下さい。付着していた場合はボロ布等で軽く拭き取ってください。

ニクロム線は一定期間の使用により伸びきってしまいますので、伸びきったら 交換してください。

ニクロム線の裏側(シールアーム部)にエポキシ板が貼り付けられています。 一定期間の使用により溝がついた場合は交換してください。


2) ゴム台の張り替え

ゴム台部のテフロンテープ(黒色)が一定期間の使用により熱により破けてしまいますので、その前に交換してください。

ゴム台部のネオプレーンスポンジ又はシリコンゴムは一定期間に使用しますと 変形してきますのでゴム台の溝から外して面を換えてください。

※ TCL−3030・4035のシリコンゴムは両面使えます。
※ PAL−350、VT/VTC−450・600、LS−450・600はネオプレーンスポンジとテフロンテープ(茶色)と同時に交換してください。


シュリンクのメンテナンス
ロッドコンベアタイプ

1) 炉内の清掃

炉内の清掃時はコンベアロッドを外して下さい。そしてフイルムや品物カスは、 ヘラ等で擦り取り掃除機で吸い取ってください。

※ メインスイッチは絶対に切って下さい。
※ 機械が冷えている時に行ってください。


2) コンベアロッドの被覆清掃

石鹸水等でロッドの被覆を拭く。

ロッドを拭きは、コンベアを運転し停止させ、これを繰り返して行う。

3) コンベアの点検・調整(伸び具合)

テンションボルトにより調整して下さい。
コンベアのたるみがなくなる位にチェーンを張ってください。

チェーンの異音や油分が無くってきた場合は、高温耐熱用のグリス(KD300等)をスプレーしてください。

4) 駆動チェーンの点検・調整(伸び具合)

駆動に緩みがないか確認してください。

モーターフレームを移動させ、チェーンを張ります。

チェーンの異音や油分が無くってきた場合は、高温耐熱用のグリス(KD300等)をスプレーしてください。

ベルトコンベアタイプ

1) 炉内の清掃

フイルムや品物のカスはヘラ等で擦り取り、掃除機で吸い取って下さい。

※ メインスイッチは絶対に切って下さい。
※ 機械が冷えている時に行ってください。



2) コンベアベルトの伸び調整

ベルトが伸びてスリップや蛇行が出るようになりましたらベルトの張りを調整して下さい。ベルトフレーム長穴部のテンションボルトを両側均等に張る様に調整をして下さい。片側だけ急激に張りますとベルトが片側に寄り損傷の原因になります。

※ ベルトの調整を行う場合はインバーターにてコンベア速度を下げて低速で行ってください。スピードが速いままで作業を行いますと急激にベルトが片方へ寄ります。


3) 駆動チェ−ンの点検・調整(伸び具合)

駆動の緩みがないか確認してください。

モーターフレームを移動させチェーンを張ります。

チェーンの異音や油分が無くってきた場合は、高温耐熱用のグリス(KD300等)をスプレーしてください。

シュリンク包装講座シュリンク包装とはシュリンクフィルムの種類と特長シュリンク包装の各種形態日常のメンテナンス
Kの横顔
分解性プラスチックテクノロジー P-Life
03-3761-1187
ホーム製品案内業界別納入事例シュリンク包装講座会社案内採用情報プライバシーポリシーお問い合わせ
Copyright(c)2006 Kyowa denki co.,ltd. All rights reserved.