ホーム 製品案内 業界別納入事例 シュリンク包装講座 会社案内 採用情報 お問い合わせ
ホーム > コラム

コラム

自動包装機の歴史(その1)

2010.09.16

弊社では、現在様々なタイプの自動包装機を製造しております。
自動L型シーラー、ピロー包装機、スリーブ包装機、四方シール機等々。最近は、環境に配慮したフィルム屑の出ない静電シールタイプのピロー包装機を重点アイテムとしてPRしています。

今回から自動包装機の歴史について年代別にたどってみたいと思います。
昭和30年代(1955年〜1946年)にポリエチレン・ポリプロピレン・ポリスチレンといった汎用合成樹脂が生産されるようになり、弊社もヒートシーラーの製造を始めています。昭和33年に発売されたインスタントラーメンの爆発的なヒットにより、包装フィルムの需要が急速に伸びていきます。インスタントラーメンのような大量生産を要求される商品の登場により、包装機械の自動化が急速に進んで行きました。
昭和38年には、シュリンクトンネルの国産1号機S-180型を弊社が製造しております。
次回、昭和40年代につづく (進)

BACK NUMBER

※上記より更に古いものをご覧になりたい場合は、お問い合わせ下さい。

シュリンク包装とは?
Kの横顔
分解性プラスチックテクノロジー P-Life
お問合せ 03-3761-1187
ホーム製品案内業界別納入事例シュリンク包装講座会社案内採用情報プライバシーポリシーお問い合わせ
Copyright(c)2006 Kyowa denki co.,ltd. All rights reserved.